無機ELシートとは

 薄膜ELは精密機器(高額)、分散型ELは一般商品(普及価格)

ELには、大きく製造方法で2種類に分類されます。
主に、有機物を成分として蒸着で製作する薄膜型が、昨今ディスプレイ開発などで期待されいる薄膜型ELです。通常は有機ELと呼ばれています。
薄膜型ELはディスプレーを形成する目的が強いため、高精細・色素が出せる特徴があり今後期待は高まる一方です。
その反面、薄膜蒸着をする薄膜型は、高額な設備投資い・使用目的にあった素材の研究開発と言う問題があり、コスト面・ニーズにあった商品として、一般に普及されるには、まだ時間がかかります。

一方、主に無機物を成分として製作する分散型ELは、ディスプレー開発では遅れを取っていますが、発熱性も無く分散型という製造方法なのでコストが安いメリットがあり看板・携帯電話等のバックライトとして使われてきました。

 

 イーエル工房製 分散型ELとは(国内自社工場製)

同じELと言っても製造する会社によって、製造方法・使用材料等が異なり性能もバラバラなのが現状です。
当社は、長年培った技術力を用いてバックライトに使用するだけでの分散型ではなく、ELそのものが表示するアイテムだと考え、高効率で面光源として光り・点光源のLEDよりも視認性に優れた分散型ELの製造に成功しました。写真で紹介させて頂いてる施工例だけで無く、独自に低電力化に開発したELとソーラーシステムで新たな商品開発も、進めております。

 

 無機ELとは?  無機EL(electroluminescence)

蛍光管に代わる新光源や自発光型ディスプレイの有力な候補として急浮上している。従来とはケタ違いの高輝度,低駆動電圧,長寿命の面発光を実現できるようになったためである。 面光源の無機ELは点光源のLEDよりも高効率のバックライトや照明,高精細の自発光型ディスプレイといった用途に応用しやすいのが現状です。独自に低電力化に成功しソーラーシステムとの商品開発を進めています。

 

 ELシートの特徴

 

 

 ELシート

面発光

無機ELシートは、面全体が発光します。 LED・蛍光灯等での照明は、面にムラが出来易いのですが、無機ELシートの場合は全面が均一に発光しますので、ムラの無い面発光表現が可能です。

無指向性、視認性

LED等の発光体は、指向性が強く、正面からは明るく見えますが、横からは暗くなります。 無機ELシートは無指向性で、ほぼ180度の視野で同一の輝度が得られます。無機ELシートの放つ光は、蛍光灯とは光のスペクトルが異なり、視認性に優れております。霧や雪の中では特に視認性に優れております。

薄くてフレキシブル

無機ELシートの厚みは0.6mm程度で、スペース的にLED・蛍光灯等で電光を行う事の出来ない場所でも使用可能です。更にその薄さから曲げることも容易で、 そのため円柱等にも簡単に設置することができ、従来のデッドスペースを生かす事が出来ます。 当社製ELシートの特長期5,000~13,000時間という品質を有しており、是非お客様ご自身の目で、ELシートの輝度をご確認ください。

このページのTOPへ

Copyright© 2008-2012 EL-KAIHATSU All Rights Reserved.